business運営会社 メニュー
049-268-5670 9:00-18:00(土・日・祝日も営業)

ブログ

BLOG

開店祝い花の画像01 親切なお花屋さん(開店祝い.com)

新型コロナウイルスの自粛状況下での祝い花の贈り方・注意点

2020.05.15

|新型コロナウイルスの自粛状況下でも祝花を贈ってよいのだろうか?

新型コロナウイルスの感染拡大によって、居酒屋などの飲食店や様々な小売店等に大きな経済的影響が出はじめていることが連日報道されています。

オーナー様や企業様におかれては、数か月前・半年さらに1年前より開店や開業の準備をされております。しかし緊急事態宣言は39県で解除になったものの依然として首都圏・関西圏・北海道に関しては5/31まで延長され続け、厳しい環境下でも開店や開業・移転をされる店舗・企業様もいらっしゃいます。

そのような状況下でも新規開店やリニューアルオープン、移転の門出を祝花で応援することは、そこまで携わってきた方々の想いもあるため、できれば贈りしたほうが良いでしょう。
ただいくつか注意点があります。

|1、お届け先店舗・企業様にお届けしてもよいか事前確認をしましょう。

POINT 親切なお花屋さん(開店祝い.com)

この厳しい環境で店舗・企業様にとって店舗をオープン、移転・リニューアルをすることは、大変な決断になります。祝花がたくさん届くことを喜び、その宣伝効果として多くの方々がご来店いただけることが本来の姿ですが、現状店舗・企業様においては、スタンド花などが店舗や企業様の入り口に並ぶことを好まない可能性もあります。そのため祝花の受け取りを辞退する、後日にしてほしいという展開も想定し、事前に店舗・企業様側に確認をオススメします。

もし送り主様(お客様)側で贈り先には確認したくない、また確認できない場合は、弊社親切なお花屋さん側で確認を取ることもできますので、遠慮なく申しつけください。

|2、お花のスタイルも事前確認しましょう。

第一段階で祝花のお届けOKのお返事をいただけましたら、どのようなお花を希望されるかも同時に確認して下さい。平常時であれば路面の店舗様の場合、広く通りすがりの方にも新店舗を周知させる意味で、スタンド花をお届けすることが一般的です。

ただこのような自粛ムードの状況下では、スタンド花のような目立つことを避け、店内に設置できるアレンジ花や胡蝶蘭、観葉植物などもおススメです。
こちらのご確認も弊社親切なお花屋さんのスタッフより、贈り先の店舗・企業様にご意向を確認させていただくことも可能です。

|3、最終的な判断は店舗・企業様のご判断

いずれにしても、通常のお届けの確認より店舗・企業様側もピリピリしているのが、我々スタッフが感じるここ最近の傾向です。

おそらく祝花を贈る側・いただく側もどうしようかと、判断に迷われていると思います。
この新型コロナウイルスの感染拡大の恐れがある状況下では、平常時とは違うそれぞれの立場での判断もあるため、お届けするかどうかでお悩みの際は、一度事前に弊社親切なお花屋さんにご相談下さい。

※なお当面の間、コールセンターの人員を減らし営業させていただきます。
※営業時間の短縮・休業はございません。土日・祝日も9時~18時まで営業しております。

おすすめ記事

ブログTOPへ戻る